Skip to main content

トルコの港湾労働者は我々の支援を必要としている

ニュース 08 May 2024

トルコのブルサ近郊のボルサン港で働く港湾労働者が、港湾所有者のボルサン・ロジスティクスから、自らが選んだ組合に加入したことを理由に攻撃されている。

港湾労働者の70%以上が、3月にITF加盟組合のリマン・イシュ労組に加入した。

すると、ボルサン港の経営陣は、組合に加入したことを理由に港湾労働者6人を解雇した。

これに対し、組合は港で4日間の抗議行動を実施し、港湾を閉鎖した。

会社がストライキ参加者を威嚇するために港に警官隊を呼んだが、スト参加者は引き下がらなかった。

労使交渉の結果、解雇された労働者6人を復職させ、組合による組織化を阻止しないとの労使合意が締結されるに至った。

解雇された港湾労働者は復職したが、会社はそれ以外の約束を破り、組合による組織化に反対し続けている。

ボルサン港はボルサン・グループの子会社で、独自の交響楽団をもつなど、トルコの文化・芸術への貢献を自負している。

ITFは、ボルサン港の経営陣に対し、リマン・イシュ労組への妨害をやめるという約束を履行するよう求めている。リマン・イシュは、港湾労働者が圧倒的多数で加入を決めた組合であり、その民主的権利を尊重するよう強く求める。 

リマン・イシュのファティ・エズピナル書記長は、次のように述べている。「この問題について、すべてのITF加盟組合からの支援を期待している。ITFはパズルのようなものだ。私たちは皆、すべてこのパズルのピースなのだから、団結することによって、初めて意味ある行動が起こせる」

パディ・クラムリンITF会長兼ITF港湾部会議長は、次のように述べた。「ここにもまた、自社の価値観の魅力を売り物にしつつ、その価値観に、ILO条約の下に労働者に附与されている基本的権利である団結権や団体交渉 権があたかも含まれないかのように振舞う企業がある。

ITFの主張は明白だ。労働者が選んだ組合を承認するか、さもなければ、国際労働運動を敵に回せばどうなるのかを思い知ることだろう」

ボルサン・グループのエルカン・カファダールCEOへの嘆願書に署名し、リマン・イシュ組合への連帯を表明して下さい。

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170