Skip to main content

ジャカルタの組合活動家がハチソン警備員から暴行を受ける

ニュース 記者発表資料 22 Aug 2019

 リオ・ウィジャヤは、ハチソンの警備員、ヤセル・アラファトが自分のことを探していると聞き、8月20日現地時間16時30分頃に警備室を訪れた。ウィジャヤが入室した途端、複数の警備員から暴行を受け、病院に運ばれ、打撲と怪我の治療を受けた。

 SPJICTのモハマド・ファーマンシャ書記長はこの暴行事件を激しく非難し、全面的な捜査を要求した。「会社の警備室がSPJICT組合員に暴行を加える場になってはならない。攻撃の動機を明らかにする必要がある。事件が全面的に解決するまで、追求を続ける」

 事件前、組合員の車が発砲される等、ジャカルタ港の組合活動家は前例のないレベルの脅迫や嫌がらせを受けていた。世界の港湾労働者を組織する国際運輸労連(ITF)は、状況を注視しながら、暴力に直面する全ての労働者に連帯を表明した。

 ITF港湾部会のエンリコ・トルトラノは、「ハチソン・ジャカルタの勤勉で平和的な組合活動家、リオ・ウィジャヤに対する今回の攻撃は許されるものではなく、労働者の基本的権利に対する侵害である。ITFや国際労働組合運動はこのような暴力を決して許さない。ハチソンは労働者を尊重し、ITFの重要な加盟組合であるSPJICTを含む、全てのターミナルの労働組合と建設的な関与を行うべきだ。また、今回の暴行事件について、迅速に対応すべきだ」と述べた。

 ジャカルタを訪問中のITF港湾部会アジア太平洋地域担当者は、「脅迫の戦術は我々の連帯を深めるだけだ。国際労働組合運動は、民主的な労働組合やその組合員に対する攻撃を許さない。インドネシアで長年失われていた、結社の自由と団結権に対する信頼を回復するために、正義を確保しなければならない」と述べた。

 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり