Skip to main content

クウェート民間航空労組の勝利

27 Nov 2019

 クウェートの民間航空労組が政府から譲歩を引き出し、予定していたストを全て延期した。

 クウェート民間航空労組(CALUK)は、民間航空局長(DGCA)との争議をめぐり、ストを含む直接行動を計画していた。

 しかし、DGCAは組合と交渉に入り、争議の中心的な問題について全面的に議論することに合意した。また、民間航空労働者の経済状況を改善する必要性について議論することも約束した。

 CALUK労組は、スティーブ・コットン書記長率いるITFに感謝し、ITFの介入なしにこのような成果を挙げることはできなかっただろうと述べた。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.