Skip to main content

「黒人の命のためのストライキ」に連帯を

20 Jul 2020
人種差別は組合の問題と考えるITFは、7月20日(月)に国際サービス従業員労働組合(SEIU)が組織する「黒人の命のためのストライキ」に積極的に参加します。

 5月末のジョージ・フロイド殺害事件を受けて組織される「黒人の命のためのストライキ」では、全米の労働者が制度的な人種差別、暴力、不平等に抗議し、合法的なストを行います。

 ITFは7月20日に二つの時間帯にビデオ会議を開催し、世界中の労働者の連帯を動員します。両会議の中で、8分46秒間(ジョージ・フロイドがミネアポリスの警官に首を膝で押さえつけけられ、窒息死するまでの時間)、黙祷を捧げます。

 ITFの加盟組合、職員、協力組織はいずれかの会議に是非参加して下さい。

 会議はズームを利用して行います。

  • 12時(英国夏時間)※日本時間の20時:https://zoom.us/j/91801855769

   ミーティングID918 0185 5769

  • 12時(米国東部夏時間)※日本時間の21日午前1時: https://zoom.us/j/97838504592

   ミーティングID978 3850 4592

 

 ITFはいかなる形態の人種差別も許しません。労働運動の仲間やそれ以外の仲間と連帯し、人種的正義のために闘います。一人に対する攻撃は全員に対する攻撃です。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.