Skip to main content

ITFはガザおよびイスラエルにおける暴力の激化を非難し、即時停戦と政治的解決を求める

ニュース 28 Nov 2023

国際運輸労連(ITF)は、ガザおよびイスラエルにおける暴力の激化に深い憂慮を表明するとともに、ハマスとイスラエル軍が双方の民間人を標的にしていることを非難する。

すべての関係者が国際法を尊重し、民間人の生命の保護にコミットし、地域のすべての当事者と主要国に緊張緩和を呼びかける国際社会に加わることを緊急に求める。

違法な占領が行われ、16年にわたりガザが封鎖されているものの、国際人道法の下で守られるべき義務はある。我々は、ハマスやその他の武装集団が民間人を無差別に攻撃したり、人質に取ったりしていることを非難する。これは国際法上の戦争犯罪に相当する。

また、イスラエル軍による、住居や民間インフラへの砲撃を含む報復攻撃も非難する。イスラエルが表明している、電気・水の供給の遮断を含むガザ完全包囲は集団的懲罰に相当し、国際人道法の重大な違反である。

最新の報道は、現地の悲惨な状況を伝えている。パレスチナ保健省によると、イスラエルによるガザへの報復攻撃によって、数百人の命が奪われ、数千人が負傷している。一方、ハマスの攻撃による死者数も数百人に達し、イスラエル保健省は、パレスチナ武装グループの攻撃によって数千人が病院で治療を受けていると報告している。

アントニオ・グテーレス国連事務総長は最大限の自制を呼びかけ、「戦火の拡大を回避するために......あらゆる外交的努力」を求めた。

ITFは国際労働組合総連合(ITUC)とともに、すべての当事者と国際社会に対して、和平に向けた行動を呼びかける。また、ITFは、国際法に基づき、すべての民間人の人質を即時かつ無条件に解放するよう求める。

ITFのパディ・クラムリン会長は次のように述べた。「民間人の死者数が増え続ける中、現在の危機を招いた歴史的背景と根本原因(16年におよぶガザ封鎖とその壊滅的な影響を含む)を認識しつつ、犠牲者の家族に哀悼と連帯の意を表する」「この長引く封鎖は、占領下のヨルダン川西岸地区で悪化の一途をたどる暴力や緊張、パレスチナ人に対する継続的抑圧とともに、根本的な問題であり続けている。恒久平和への唯一の道は、この不法占拠を終わらせ、二国家解決を実現することだ」

ITFのスティーブン・コットン書記長は次のように述べた。「ITFは、事態を沈静化させ、これ以上罪のない人命が奪われることを防ぐために直ちに行動を起こすよう国際社会に要請する。すべての関係者が意義ある対話と外交に従事し、この長年の紛争に平和的解決を見出すことを強く求める」

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり