Skip to main content

韓国のトラック運転手がセーフレートを求めて全国規模の無制限ストを開始

ニュース 08 Jun 2022

 7日、韓国でトラック運転手が無制限ストを開始した。ITF加盟韓国公共サービス交通運輸労組貨物トラック連帯部門 (KPTU-トラックソル)は、7日に全国16カ所で実施した集会に組合員1万5千人が参加し、非組合員を含むさらに数千人の運転手がストに参加した見込んでいる。ストの影響は既に港湾や石油化学コンビナートなどの物流拠点で現れており、貨物の流れが減速したり、停止したりしている。

 韓国の自営トラック運転手42万人の大半は、ここ数か月間の燃料価格の高騰と生活費の上昇で、収入が減少している。一方、「セーフレート」が適用される約6.5%の運転手(コンテナトレーラーやセメント車の運転手)は、運送コストに基づいて計算される最低運賃による影響緩和で、危険な長時間運転やスピード違反、過積載をせずに生計を立てることができている。  

 しかし、「セーフレート」制度は今年末までに段階的に廃止されことになっている。保守派の尹錫悦(ユン・ソクヨル)政権は、制度延長の法案審議を遅らせる一方、スト参加者の取り締まりを表明している。

 KPTU-トラックソルは「セーフレート」制度の恒久化と適用範囲の全車種・全貨物への拡大を要求している。また、道路運送の経済的使用者や制度適用外の部門の輸送業者に対して、「生活費危機」を考慮した運賃引き上げに同意するよう求めている。

 ITFのスティーブン・コットン書記長は次の通りコメントした。 「制度の適用を受けるトラック運転手の経験から、制度の恒久化と、すべての車種・貨物への適用拡大が運転手と道路利用者を守る最善の方法であることが分かった」

 「韓国の労働大臣が昨日、争議の公正な解決に取り組むことなく、よりによってILO総会に出かけたことは実に残念だ」ITFはストが続く限りKPTU-トラックソルを支援する。韓国政府がスト参加者を逮捕したり、報復的・差別的な措置を取ったりする場合は、傍観しているわけにはいかない」

 ITFが最近実施した、韓国の「セーフレート」を支持する国際行動週間には、世界中の30以上のITF加盟組織が参加し、韓国の仲間たちに連帯を表明した

 ITFのノエル・コード内陸運輸部長は次のように述べた。 「世界中のITF加盟組合がKPTU-トラックソルを断固支持している。「セーフレート」が韓国のみならず、世界中の運輸労働者にとって、いかに重要であるかを知っているからだ。韓国の「セーフレート」を求める闘いは、あらゆる道路の安全とディーセント・ワークを求める闘いにほかならない」

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170