Skip to main content

紅海での商船攻撃を受け、船員の安全を訴える

ニュース 25 Dec 2023

 2023年12月19日発信

 国際運輸労連(ITF)は、紅海での商船攻撃を受け、船員の安全を最優先させることを求める。

 ITFは、マースク、ハパッグロイド、MSC等の大手海運会社が航路を変更し、船員の生命に対する危険を回避していることを認識している。

 英石油大手BPや石油タンカー大手フロントラインが紅海海域の航行を一時的に見合わせたというニュースを歓迎する。

 スエズ運河を含む紅海ルートはグローバル・サプライチェーンにとって重要であり、喜望峰を回る迂回ルートは航行距離が3,000海里増え、船員の乗船期間が数週間長引く可能性がある。

 迂回ルートはグローバル・サプライチェーンの中で働く船員の航海期間に大きな影響を及ぼすだろうが、重要なのは、現在の紅海が船員に及ぼしているリスクを減らせるということだ。

  ITFのスティーブ・コットン事務局長は次のようにコメントした。「ITFの最大の関心事は船員の安全を守ることだ。船社もこの関心を共有することを期待する。船員は世界を動かしている。我々は航路を変更する船社を称賛する。今は石油や輸送のコストよりも、船員の安全衛生を重視すべき時である」

 

 

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり