Skip to main content

バンコク空港の組合員が団体協約の内容を承認。経営は約束を守れ。

ニュース 23 Aug 2021

 ITFのエリン・バン・デ・マー空港組織プログラム主任は、バンコク空港の状況について、労働者の基本的権利の回復のために、セキュリティ労働者は断固たる態度を維持し、経営は約束を守るべきだと述べた。

 今週、組合員100人全員が団体協約の中身の承認を問う組合員投票で賛成票を投じた。協約はセキュリティ会社のAVSECと、セキュリティのアウトソーシングを監督するタイ空港当局(AOT)に提案される。協約は、昨年4月のセキュリティ業務のアウトソーシングで侵害された労働者の権利を回復するための最終的な取り決めの基盤となる。

 AVSECは組合からの圧力を受け、810日に現地組合と覚書を締結した。しかし、AVSECが条件改善を口頭で約束してから、組合が正式な文書を受け取るまでに5か月かかった。できるだけ早く協約を署名させる必要がある」とバン・デ・マーは語った。

 セキュリティ業務がAVSEC社にアウトソーシングされた際、労働者は不合理な契約を締結し直すことを強いられ、必要に応じ残業することや、昼食休憩やトイレ休憩すら取れずに働き続けることを求められてきた。覚書には、労働者が1時間の昼食休憩を取得できることや、一日の労働時間が8時間を上回らないようにすることが記されている。

 協約は、新設されたウィングスパン労組AVSEC支部およびタイ空港労組(WWU-AWT)にとって、初の協約となる。

 ITFのブッチ・ラムグアジア太平洋地域部長は、「空港アライアンスの全メンバーが団結を維持することが重要だ。ITFの空港組織化プログムの仲間たちは、現在も将来もバンコク空港の労働者の味方だ。国際労働運動は空港当局の行動に目を光らせている 」とコメントした。

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 10 Jun 2024

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ
ニュース 06 Jun 2024

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。  ボルサン港の港湾労働者は 3 月、港湾労組の リマン・イシュ に加入した。使用者のボルサン・ロジスティック AS はこれを受け、 6 人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。  5 月 21 日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、 37
ニュース 04 Jun 2024

オーストラリアの戦略的船隊が海運の重要性を実証

国際運輸労連( ITF )は、アルバネーゼ政権の第 3 次予算において、オーストラリア戦略的船隊への投資が発表されたことを歓迎する。 豪州戦略的船隊は、 2022 年の連邦政府選挙の重要な公約であり、 オーストラリアのような主要島嶼国の経済における海運と貨物輸送の重要性に焦点をあてるものだ。 戦略的商船隊の設立を支援するため、 2024 年から 25 年までの 5 年間で 2,170