Skip to main content

ニューヨークの交通労働者が協約締結に成功

ニュース 14 Jun 2023

2023年6月1日( ロンドン)   ニューヨークのバス・地下鉄労働者は、組合の粘り強い交渉と国際労働組合運動の支援により、3年間で9.8%の賃上げを勝ち取り、手当の切り下げも阻止した。

 米運輸労組(TWU)はニューヨーク都市交通局(MTA)との激しい交渉の末、団体協約で暫定合意に達した。

 賃上げに加え、4,000米ドルのエッセンシャルワーカー現金ボーナスを勝ち取ったほか、労働者の医療費負担を倍増させようとする会社側の試みを阻止した。また、ワンマン運行を地下鉄に拡大しようとするMTAの提案を退け、乗客の安全を守るとともに、数千人の車掌の雇用を維持した。

 ITFのパディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。「公正でディーセントな協約締結に向けて懸命に闘ったTWU組合員に心から敬意を表する」「TWUのリチャード・デイビス第100支部長をはじめとする交渉チームは、MTAとの協約締結で素晴らしい成果を収めた。これは単なる交渉ではなく、企業の強欲に対する徹底抗戦だった。TWUはすべての闘いに勝利した。TWU100支部組合員は尊厳と尊敬、そしてより良い労働条件の下で働くことができるようになった」

 クラムリン会長は、ニューヨークと米国の労働者の闘争に関して強い影響力を持つTWUのジョン・サミュエルセン委員長にも賛辞を贈った。

 TWUは週40時間を超えた場合にのみ時間外手当を支給するよう規則を改定するMTAの試みを阻止した。よって、1日に8時間を超えると直ちに時間外手当が発生する従来の権利が守られた。MTAの別の試みもはね除けた。MTAは新入社員の有給休暇の削減を望んでいた。 

 TWUはまた、新型コロナに感染して死亡した労働者の遺族に医療保障を提供されることとなり、もう一つの大きな勝利を収めた。

 ITFのスティーブ・コットン書記長は次のように語った。 「ニューヨークのバス・地下鉄労働者はコロナ禍においても交通機関を維持するためにあらゆる努力をしてきた。にもかかわらず、MTAがこのような喧嘩をしかけてきたこと、経営ミスの代償を労働者に払わせようとしたことは恥ずべきことだ。ITFTWU組合員との連帯を誇りに思う。彼らがこの素晴らしい成果を収めるために堅忍不抜を貫いたことを嬉しく思う。彼らは私たちを鼓舞してくれる存在だ」

 ウガンダ運輸一般労組のジョン・マーク・マウニカITF都市交通委員会議長もTWUの勝利を歓迎し、次のように語った。「世界中の公共交通労働者や組合が自分たちの条件・権利を守るために行動を起こしている。この勝利はニューヨークの公共交通労働者にとっての新たな一歩であると同時に、都市を動かす公共サービスを支えるすべての公共交通労働者にとっての勝利でもある。彼らは皆、認識され、尊重されるべきだ」

 

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり