Skip to main content

チリの労働運動に大きな打撃

ニュース

 国際運輸労連(ITF)はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連(FNTF)のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。

 ボニンは620日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅1,346トンを積載した貨物列車を運転していた。  

 初期の報道によると、チリ国鉄(EFE)の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。

 ITFのスティーブ・コットン書記長は次の通りコメントした。「ご夫人、2人のご令嬢、そしてFNTFの仲間たちに、ITFを代表し心から哀悼の意を表したい。ホセはITFでも活発に活動し、労働組合運動に献身的に取り組んでいた。安全対策の不備により鉄道労働者の命が奪われるのはこれが最後となることを願う。ITFは引き続き政府や鉄道会社の職場の安全確保の責任を追及していく」 

 ITFのエドガー・ディアス中南米カリブ海地域部長は次のように述べた。「私たちの仲間ホセ・ボニンが亡くなったことを知り、大きな悲しみを感じている。ホセはITFファミリーの一員として、鉄道の安全向上のために常に闘ってきた。この悲劇が忘れられることはない。
ITFFNTFと共に、鉄道を含むすべての交通モードの労働者のために安全対策を強化し、チリや中南米地域全体において二度とこのような悲惨な事故が起きないように闘っていく。ITFとその加盟組合はホセの家族、友人、職場の仲間と連帯する」

 ITFのデビッド・ゴベ鉄道部会議長は次のように述べた。「本日、私たちは一人の仲間を失った。この損失はITFにとって悲劇だが、我々が鉄道の安全性の強化を訴えてきただけに、なおさら残念だ。企業の欲望の代償を払わされるのは労働者であり、ホセの場合は命を奪われた。彼の死、そして企業の強欲の犠牲となった全ての労働者の命が報われるまで、我々が休むことはない。

 

問合せ: media@itf.org.uk

写真:ロイター

現場の声

ニュース

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ