Skip to main content

タイ政府にILO第188号条約の実施と第87号・第98号条約の批准を求める

24 Jun 2019
記者発表資料
ITFは、タイの水産サプライチェーンにおける強制労働や権利侵害のリスクを減らすために、ILO漁業労働条約(第188号)の実施と、ILO第87号および第98号条約批准のためのさらなる措置をタイ政府に要求した。 ITFは、タイの水産サプライチェーンにおける強制労働や権利侵害のリスクを減らすために、ILO漁業労働条約(第188号)の実施と、ILO第87号および第98号条約批准のためのさらなる措置をタイ政府に求めた。

 2007年にILO第188号条約が採択された後、ITFや他の労働者団体は、タイ政府に同条約の批准を求める運動を活発に展開した。タイ政府は、20181229日に同条約の批准を決定、今年1月に正式に批准した。同条約の批准は、アジア初だった。

 漁船の労働基準を定める第188号条約のタイ政府による批准は、水産サプライチェーンにおける労働者搾取撤廃の重要な一歩として歓迎された。タイでは、違法・無報告・無規制(IUU)漁業慣行が組織的に行われ、労働者の権利や人権の侵害が明るみになっていたからだ。

 しかし、タイ政府は同条約の履行に関して、「労働安全衛生、船上や陸上における医療、休息期間、書面による労働契約、社会保障による保護」等、拘束力のある規定を効果的に実施していない。

 オスロで開催されたITF水産部会委員会は、タイ政府がより厳格な査察および執行規定を導入し、漁船員の適正な労働・生活条件を確保するために、国内法を整備することを要請した。

 また、タイの労働条件改善を目指す運動の継続を確認した。タイ政府は、外国人労働者が独立的・民主的な組合を自由に設立、加入する権利を認めるとともに、外国人労働者を含む全ての労働者を保護するために必要不可欠なILO87号および第98号条約を批准するためのさらなる措置を講じる必要がある。

 ITFのジョニー・ハンセン水産部会議長は次のように語った。「全ての労働者は、国籍や入国資格にかかわらず、労働組合を結成し、団体交渉をする権利を持つべきだ。水産部門でディーセントな労働条件を促進、実現するためには、組合を結成する権利の確保が重要だ」

 「第87号、第98号、第188号条約の批准、国内法の整備と効果的実施が実現しなければ、漁船員は強制労働を含む虐待のリスクに晒され続けるだろう」

 これらが実現すれば、水産会社は、労働者の結社の自由や団体交渉権を尊重し、消費者や市場が求める労働・環境基準に基づき、サプライチェーン全体で改革を進めるだろう。

 問い合わせは、ルーク・メンジーズまで(+61 433 889 844menzies_luke@itf.org.uk

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.