Skip to main content

カメルーン沖で乗組員4人が海賊に誘拐される

10 Apr 2019
ドゥアラ港(カメルーン)で沖止めしていたリベリア籍のコンテナ船乗組員4人が誘拐された。

 2019年3月30日に発生したコントシップ・オーク号乗組員誘拐事件は、海賊・武装強盗のホットスポットとなっているギニア湾で発生した誘拐事件の最新事例だ。

 国際海事局(IMB)の最近の報告は、コートジボワールとコンゴ民主共和国の間の海域での海賊行為の発生が昨年から倍増しており、危険が高まっていることを強調している。

 デーブ・ヘンデルITF船員部会議長は次のように語った。「4人の船員とその家族に思いを馳せている。全ての関係者がストレスを抱えている。喫緊の対応が求められる。

 現在、詳細が明らかになるのを待っているところだが、悪名高きギニア湾で船員の命が危険にさらされることがあってはならない。海運業界は、沿岸国に対して、船舶の安全な通航と係留を確保する義務を果たすよう、再三要請している。

 船主が安全対策を強化し、武装警備員を船内に配備するのを拒否することは、船員の命を危険にさらすだけでなく、ギニア湾の沿岸国の経済にとっても逆効果だ。

 今は、船員と船主に負担がのしかかっている。これを是正しなければならない。ギニア湾の沿岸国政府がITFや海事業界と連携し、効果的な解決策を見出すことを求める」

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.