Skip to main content

「組合か仕事かどちらかを選べ」と言われた港湾労働者たち

ニュース

 トルコの港湾労働者は、敵対的な使用者から、自ら組合を選んで加入する権利を攻撃されている。 

 ボルサン港の港湾労働者は3月、港湾労組のリマン・イシュに加入した。使用者のボルサン・ロジスティックASはこれを受け、6人を解雇した。この6人はその後、地元の政治家の介入により、復職した。 

 521日、同社は労働者が自ら選んだ組合に加入する権利を尊重するという約束を反故にし、37人の港湾労働者を解雇した。中にはWhatsAppメッセージで解雇通告された者もいた。
 

WhatsApp message sacking a docker


 リマン・イシュは同社(2023年の売上は68400万ドルと報告)がトルコ憲法とILOの結社の自由および団結権の保護の両方に違反しているとして、裁判所に訴えを起こした。

 彼らのストは幅広い政治家の支持を集め、国会でも議論されている。

 リマン・イェシュのファティ・エズピナル書記長は次のように語った。「ボルサンの労働者は奴隷のように働いてきた。労働条件を改善し、安全性を高めるために組合を結成したところ、『組合か仕事か、どちらを選べ』と言われた。そして、組合を選んだために解雇された37人は今、世界の労働組合の支援を必要としている」

 ITFパディ・クラムリン会長兼港湾部会議長は次のように述べた。「ボルサン・ロジスティックは、団結権を行使した労働者への単なる恨みから行動している。ボルサンは、文化や進歩という建前を世界に誇示するのではなく、この悪質な行動が世界からどのように見えるかを一歩下がって考える必要がある」

 「組合が『一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ』と口にするのは、単なる空虚なレトリックではない。私たち一人ひとりが、組合を選んだために不当に解雇された37人の心の痛みを感じている。今、世界中の組合員が彼らに連帯し、『あなたたちの闘いは私たちの闘いだ』と言っている」

 ボルサン・グループのエルカン・カファダールCEO宛ての請願書に署名し、リマン・イェシュへの連帯を表明してください。

 リマン・イェシュへの連帯のメッセージはこちらへ info@limanis.org.tr 

 

問合せ

 

注記:一方、メルシン国際港(MIP)-テュ ルキイ南部最大のコンテナ港-では、MIPが組合と良好な関係を築いており、港湾の安全性は向上し、港湾労働者の賃上げも適切に行われている。

 

現場の声

ニュース

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ