Skip to main content
より公平、より安全、より公正な世界を目指して

労働者に影響を及ぼす問題や、労働者の生活と未来の向上のためにITFが取り組んでいる活動に関する最新ニュース

現場の声

フィルターする
ニュース 20 Mar 2023

ITF、マクロン大統領の反民主的な定年引上げに反対するフランス労働組合への支援を約束

年金改革をめぐるフランス国民の闘いは、いま新たな局面を迎えている。 2023 年 3 月 16 日、マクロン大統領は、フランス議会での採決を経ずに新法の成立を強行する動きに出た。 大統領は、フランス国民の定年を 62 歳から 64 歳に引き上げるという政府の計画を推進するために、反民主的な憲法上の特別権限(フランス憲法第 49 条 3 項に記載)を行使する手段に出た。この特権は
ニュース 15 Mar 2023

ITF路面運輸・都市交通・鉄道総会がヨハネスブルグで本日開幕

(2023年3月13日配信)  世界 147 カ国の交通運輸労働者 1800 万人以上を組織する 670 の交通運輸労組が加盟する、民主的な国際労働組合組織である国際運輸労連( ITF )は、今週、南アフリカのヨハネスブルグで路面運輸・都市交通・鉄道総会を開催します。  3月 13 日から 18 日にかけて、世界 90 カ国の 185 の労働組合の代議員約 500 名が、慢性的な投資不足
ニュース 記者発表資料 27 Feb 2023

国を動かし続けたウクライナの40万人の交運労働者は平和に暮らす権利がある

労働組合は平和を訴え、ロシアとウクライナに協議の再開を求める。 交運労働者は 60 万米ドルを集め、難民や子ども達の支援にあてた。 労働者の権利に対する攻撃を懸念する。 プーチンの違法なウクライナ侵攻から一年を迎え、世界の交運労組はロシアとウクライナに対し、恒久的な平和を構築するために交渉のテーブルに戻るよう訴えている。 「ウクライナの 40 万人の交運労働者は早急な平和の構築が必要だ
ニュース 記者発表資料 29 Jun 2022

世界の労働組合が英国のグラント・シャップス運輸大臣に警告:「英国の評判を落とすことになる」

 世界 52 カ国の 100 を超える交通運輸労組が英国のグラント・シャップス運輸大臣に書簡を送り、スト中の組合と協議するよう促した。  世界の交通運輸労働者2千万人を組織する国際運輸労連( ITF )が取りまとめたこの 書簡 は、「英国政府が鉄道サービスやインフラ事業の削減を強要しようとしている」ことにショックを表明するとともに、労使問題に関する英国の信頼が損なわれる可能性があると警告している。
ニュース 30 May 2022

豪労働党政権で交通運輸労働者に明るい未来

 国際運輸労連( ITF )はオーストラリアの労働党政権誕生を、労働者のための基準引き上げやサプライチェーン全体の労働安全衛生向上の契機となるとして歓迎した。   世界各国の ITF 加盟組合も、保守連合のモリソン政権を打破する上で労働組合が果たした役割を賞賛した。   「労働党のアルバニージー政権の誕生は、労働組合が長年にわたり正義と尊重を求めて闘ってきた成果だ」と ITF
ニュース 27 Apr 2022

ITF、ロシアによるウクライナ鉄道駅の攻撃を非難

国際運輸労連( ITF )はロシアのウクライナ侵攻がエスカレートしているこの状況と、それがもたらした大きな人道の危機に衝撃を受け、動揺している。 ITF は現在もウクライナの加盟組合と緊密に連絡を取り、状況に応じて可能な限りの支援を続けている。 ウクライナの加盟組合から、今朝早く( 2022 年 4 月 25 日)、リビウ、リウネ、ビンニツァ、キーウなどの州で、少なくとも 5
ニュース 29 Oct 2021

世界の交運輸労組は訴える:ワクチン特許の一時放棄に反対している英国、ドイツ、スイス、EUは、サプライチェーン危機の回復を遅らせている

世界の交通運輸労働者1200万人強を組織する118カ国の 375 以上の労働組合組織が公開書簡を提出 書簡はジュネーブで開催された WTO のTRIPS(知的所有権の貿易関連の側面に関する)理事会初日に提出 ITF のスティーブ・コットン書記長のコメント: 「これらの国の政府は、社会や経済にダメージを与えながら、ファイザー、モデルナ
ニュース 15 Oct 2021

変化の時:メンタルヘルスは共同責任

2021年10月10日(日)の世界メンタルヘルスデーに、ITFは交通運輸部門全体の利害関係者に、全ての労働者のメンタルヘルスを優先させる共同責任を認識するよう促した。 ITFは、政労使や交通運輸業界の国際機関を含む全ての関連する利害関係者の既存の取り組みを相乗的に活用し、協調的アプローチを取ることで、共通の理解を醸成し、現実的かつ持続的な変化を牽引する行動計画を策定することを呼びかけている。
ニュース 21 May 2021

ワクチン特許権の一時放棄で何百万人もの命が救われる。各国政府は今すぐ行動を!

2021年5月20日配信  本日、世界の交通運輸労組は、各国政府が世界貿易機関(WTO)で新型コロナウイルスワクチン特許権の一時放棄に賛成するよう呼びかけた。  インドをはじめとする世界中の国々でコロナ禍が猛威を振るっている。各国政府はインドや南アフリカがWTOに提案した特許権の一時放棄に賛成することが求められている。   一時放棄 の提案は、新型コロナウイルスの「予防、封じ込め、治療」の観点から
ニュース 19 May 2021

パレスチナの人々に連帯し、イスラエルの攻撃停止を求める

2021 年5月17日配信  イスラエルはパレスチナ領土への攻撃を即時停止しなければならない。既に子供を含む何百人もの罪のない人々の命が奪われた。イスラエルとパレスチナにおける暴力は直ちに終わらせなければならない。  5 月 10 日に イスラエルとパレスチナの軍事対立が激化して以来、 少なくとも 61 人の子供を含む 、少なくとも212人のパレスチナ人 が 死亡したと 伝えられている。 また、
ニュース 13 May 2021

パレスチナの民間人に対する攻撃を止めよ

 ITF は、パレスチナの子供たちや民間人に対するあらゆる暴力を非難する。ここ数日間に見られる、アルアクサモスク内、神殿の丘 / ハラムアルシャリフ周辺、イスラエルおよびパレスチナ全土における暴力は、世界の良心を汚す行為だ。   ITF は、イスラエル警察による平和的デモの取り締まりの軍事化を強く非難する。平和的集会は基本的人権の一つだ。「市民的及び政治的権利に関する国際規約」第 21 条を尊重し
ニュース 12 May 2021

メキシコシティの地下鉄高架橋崩落事故-近隣住民が当局に警告していた

2021年5月4日配信  エル・ウニベルサル紙によると、メキシコシティで発生した地下鉄高架橋崩壊事故現場の近隣住民が一年以上前から高架下の壁の隆起や激しい振動について当局に警告していた。   「遅かれ早かれこのような事故が起こることは分かっていた」と近隣住民はメエル・ウニベルサル紙に語った。   3日現地時間午後 10 時 30 分頃、メキシコ市地下鉄12号線の高架橋が走行中の列車ごと崩落し

報道関係 お問い合わせ先

ITFの専門家が解説します.

Eメール

ニュース通知

ITFニュースのメール通知に.

ITFウェブサイトに新しいニュースが掲載されるたびに通知メールを受信するか、ウィークリー・ダイジェスト(週刊の概要版)のみを受信するかを選択して下さい。関心のある部門やテーマに関するニュースのみを受信することもできます。

ITFニュースの通知メール受信に登録して下さい

関心分野
メール通知に登録すると、ITFのニュースや記者発表資料に関するメールが配信されます。メール配信はいつでも停止させることができます。メール配信停止を希望される場合は、配信されたメールの下部をご覧下さい。あるいは、ITF書記局にご連絡下さい。unsubscribe@itf.org.uk あなたのEメールアドレスが他の目的で使用されることはありません。個人情報の取り扱いについては、 ITFのプライバシー・ポリシーをご参照下さい。.

世界を動かす交通運輸労働者

私たちの声 私たちの経験