Skip to main content
私たちは1,850万人の交通運輸労働者の声を代弁しています。
私たちは740の交通運輸労組と共にあります。
私たちは世界150カ国の労働組合を繋げます。

ITFについて

国際運輸労連(ITF)は民主的で加盟組合主導の、権威ある交通運輸労働者の国際組織です。労働者の生活向上のために闘い、150カ国の700以上の加盟組合を連携させながら、世界の労働者の権利、平等、正義の実現を目指します。ITFは世界中の交通運輸労働者1,850万人の声を代弁しています。

交通運輸労働者は日々世界を動かしています。国と国、都市と都市を結び、経済を動かし、社会を形成する重要な役割を担っています。

ロンドン、アビジャン、アンマン、ブリュッセル、ジュネーブ、香港、モントリオール、ナイロビ、ニューデリー、パナマシティ、リオデジャネイロ、シンガポール、シドニー、東京に事務所を構えていますが、世界中の交通運輸労働者がITFに加盟しています。

現場の声

私たちに影響を与える問題や、労働者の生活と未来の向上を目指す私たちの活動に関する最新ニュースをお届けします。

ニュース 28 May 2024

ガボンとエスワティニがFOCに

国際運輸労連 (ITF) は便宜置籍国( FOC )のリストに新たに 2 カ国を加えた。  新たに加わったガボンとエスワティニは、いわゆる「ダークフリート」と深く関係しているとみられている。  一方、トンガは 76 年前から続いている FOC リストから削除され、 FOC の総数は 43 となった。   ITF の パディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。
ニュース 27 May 2024

反労働者の法律をゼネストで拒否

 2024 年 5 月 9 日、アルゼンチン労働総同盟( CGT )とアルゼンチン中央労働組合( CTA )の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。  右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に 366 本の法律を改正し、必要緊急法令( DNU )を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。  交通運輸労組は DNU
ニュース 27 May 2024

平等の後退:公共交通の女性の仕事と自動化

 ITF は、公共交通部門の自動化やデジタル化による人員削減や業務再編の影響がいかに女性労働者に及んでいるかに関する調査 報告書 を発表した。  新技術は、新たな仕事の機会をもたらすなど、女性労働者に利益をもたらす可能性もある。しかし、切符販売や案内業務に従事する女性は、それらの仕事が廃止されるリスクにさらされるため、自動化の影響を大きく受けることとなる。  この報告書では
ニュース 08 May 2024

労災の犠牲者を追悼し、今を生きる労働者のために闘う

 毎年 4 月 28 日に世界中で記念される「労働者追悼の日」(または「労災犠牲者追悼記念日」)は、労災で死亡、負傷、または体調不良となった労働者を追悼し、行動を起こす世界的な記念日である。  最近、アプリを利用したデリバリーのライダー(配達員)が増加しているが、彼らの中には休憩を与えられず、危険な天候の中で働かされている者もいる。先週スペインで 1 人のライダーが死亡したが
世界をつなぐ

ITFはあらゆる交通運輸部門の労働者を団結させます。 

部会

世界を動かすITF

ITFは安全、持続可能性、企業の説明責任、平等、権利を追及し、仕事の未来に関する意見を表明するために、世界の交通運輸労働者と共に立ち上がります。

交通運輸は人々のために

何百万人もの交通運輸労働者の声を届けます

ITF1,850万人の交通運輸労働者の声を届けるプラットフォームを提供します

 

ローカルの行動でグローバルな影響を

私たちが交通運輸を支えています

私たちが変化を生み出します