Skip to main content

safety

ニュース 01 Dec 2022

スト中のトラック運転手を職場に戻すことに執心する韓国政府に対して、国連とILOは緊急介入すべきだ

韓国のトラック運転手のストが 5 日目に入る中、 ITF は韓国政府による労働者の権利侵害を終わらせるために、 ILO および国連の緊急介入を要請した。 スト中のトラック運転に対する韓国政府の厳しい対応は、 ITF 、韓国の学識者、弁護士、市民社会、国際社会から強く非難されている。 運転手らは道路の安全を確保する「セーフレート」法の維持・ 延長を要求している
ニュース 16 Jun 2022

KPTU-トラックソルが画期的な合意に達する

 6 月 14 日 22 時 40 分(韓国時間)、韓国公共サービス交通運輸労組貨物トラック連帯部門 (KPTU- トラックソル)は国土交通省( MoLIT )と「セーフレート(安全運賃)」制の継続について合意した。   この合意によると、国土交通省は「セーフレート制の推進を継続し、貨物車種への適用拡大について協議する」ことを約束した。これを受け、 KPTU- トラックソルは 1 週間前の 6 月
ニュース 08 Jun 2022

韓国のトラック運転手がセーフレートを求めて全国規模の無制限ストを開始

 7日、韓国でトラック運転手が無制限ストを開始した。 ITF 加盟韓国公共サービス交通運輸労組貨物トラック連帯部門 (KPTU- トラックソル ) は、7日に全国 16 カ所で実施した集会に組合員 1 万5千人が参加し、非組合員を含むさらに数千人の運転手がストに参加した見込んでいる。ストの影響は既に港湾や石油化学コンビナートなどの物流拠点で現れており、貨物の流れが減速したり、停止したりしている。
ニュース 記者発表資料 06 Apr 2022

通航船舶の安全を脅かす黒海の浮遊機雷

 国際海運使用者団体と労働組合は、黒海に機雷が浮遊しているという報告を受け、通航船舶の安全を確保する対策を大幅に強化するよう各国政府に要請している。  国際団体交渉協議会( IBF )で労使をそれぞれ代表する ITF と合同交渉団( JNG )は、 2022 年3月 31 日(木)会合を開き、船員や船舶がウクライナ紛争の巻き添え被害を受けないよう、対策を協議した。  IBF