Skip to main content

通航船舶の安全を脅かす黒海の浮遊機雷

ニュース 記者発表資料 06 Apr 2022

 国際海運使用者団体と労働組合は、黒海に機雷が浮遊しているという報告を受け、通航船舶の安全を確保する対策を大幅に強化するよう各国政府に要請している。

 国際団体交渉協議会(IBF)で労使をそれぞれ代表するITFと合同交渉団(JNG)は、2022年3月31日(木)会合を開き、船員や船舶がウクライナ紛争の巻き添え被害を受けないよう、対策を協議した。

 IBFは3月上旬に黒海北部海域、アゾフ海(北緯46度以北)、およびウクライナの全港を軍事行動区域(WOA)に指定している。

 JNGの広報を担当するベラル・アーメド国際海事使用者委員会(IMEC)会長は次のようにコメントした。「この新たな危機において、船員、特にこの地域を航海する船員の安全と保安を確保することが我々の優先課題だ」「指定軍事行動区域の内外で機雷が発見されているという報告は深刻な懸念を生じさせている」

 NATO海運センター(NSC)は2022年3月30日に次の声明を発表した。

 「黒海の北西部、西部、南西部に浮遊機雷の脅威がある。現在、関係当局がこの地域の他の全ての機雷の探知および無力化に取り組んでいる。船長は浮遊物を回避したり、船体前方に乗組員を配置しない等、機雷の脅威を軽減するあらゆる予防措置を講じる必要がある」

 「脅威を緩和させ、これらの紛争区域の周辺を航行する船舶の安全を確保するために、各国政府があらゆる対策を講じることを強く要請する。世界の船員が安全に仕事を継続でき、グローバルサプライチェーンを動かし続けられることが非常に重要だ」とITFのデイブ・ヘインデル船員部会議長は述べた。

現場の声

ニュース 28 May 2024

ガボンとエスワティニがFOCに

国際運輸労連 (ITF) は便宜置籍国( FOC )のリストに新たに 2 カ国を加えた。  新たに加わったガボンとエスワティニは、いわゆる「ダークフリート」と深く関係しているとみられている。  一方、トンガは 76 年前から続いている FOC リストから削除され、 FOC の総数は 43 となった。   ITF の パディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。
ニュース 27 May 2024

反労働者の法律をゼネストで拒否

 2024 年 5 月 9 日、アルゼンチン労働総同盟( CGT )とアルゼンチン中央労働組合( CTA )の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。  右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に 366 本の法律を改正し、必要緊急法令( DNU )を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。  交通運輸労組は DNU
ニュース 27 May 2024

平等の後退:公共交通の女性の仕事と自動化

 ITF は、公共交通部門の自動化やデジタル化による人員削減や業務再編の影響がいかに女性労働者に及んでいるかに関する調査 報告書 を発表した。  新技術は、新たな仕事の機会をもたらすなど、女性労働者に利益をもたらす可能性もある。しかし、切符販売や案内業務に従事する女性は、それらの仕事が廃止されるリスクにさらされるため、自動化の影響を大きく受けることとなる。  この報告書では