Skip to main content

ITF condemns bombing of Ukrainian children's hospital

ニュース

The International Transport Workers’ Federation (ITF) unequivocally condemns the horrific bombing of the Okhmatdyt Children’s Hospital in Kyiv by Russian forces. 

At least 42 people have been killed, many more wounded and an unknown number of people remain trapped under rubble.

Paddy Crumlin, ITF President, expressed profound outrage and sorrow over the attack: "The deliberate targeting of a children's hospital is a barbaric act that violates the fundamental principles of humanity let alone international law. We grieve for the lives lost and stand with the families affected by this atrocity. This ruthless violence must be met with unequivocal international condemnation."

Stephen Cotton, ITF General Secretary, emphasised the urgent need for accountability: "The international community must come together to hold those responsible for these war crimes to account. Our thoughts and solidarity are with our Ukrainian affiliates and the people of Ukraine. We urge all parties involved to prioritise humanitarian aid and safe passage for those affected by the conflict.

Yesterday ITUC General Secretary Luc Triangle also condemned the missile strike: “I visited Okhmatdyt hospital in May. I saw the cost of this war on the lives of the children there and the incredible work and commitment of the medical staff. It is horrifying to think of what they are going through after this latest bombing.

“Attacks like this on civilian infrastructure and public services are never justified, whether in Ukraine or anywhere else. This kind of brutality against innocent children and civilians must not go unpunished. The international community must hold Russia accountable for these war crimes."

現場の声

ニュース

LGBT+の労働者は組合に誇りを持っている

 「一人に対する攻撃は全員に対する攻撃だ」 この原則は交通運輸産業の労働者を含む世界中の労働者の運動を何世代にもわたって鼓舞してきた。レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、その他クィアの労働者は、労働組合運動において常に重要な役割を果たしてきたが、近年になってようやく、彼らの貢献と彼らが職場で直面している問題が認識されるようになった。  ITF はまず
ニュース

チリの労働運動に大きな打撃

 国際運輸労連 (ITF) はチリの全国鉄道旅客貨物輸送労連 (FNTF) のホセ・ ボニン委員長の死去にショックを受け、悲しみに暮れている。  ボニンは 6 月 20 日未明、列車二台の正面衝突事故の犠牲となった。銅 1,346 トンを積載した貨物列車を運転していた。  初期の報道によると、チリ国鉄 (EFE) の試運転列車と私鉄フェパサの貨物列車が衝突した。  ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料

不透明な船籍ビジネスの代償を払わされる船員

紅海で発生した事件は、「便宜置籍船」の増殖を許すことの危険性を示している。 ITF マリタイム・コーディネーターの ジャクリーン・スミス – アルジャジーラ による報道。 4 月 13 日、イラン・イスラム革命防衛隊の海軍部隊が、ホルムズ海峡でポルトガル船籍のコンテナ船、 MSC アリエス号を拿捕し、乗組員を拘束した。本船はスイスに本社を置くメディタレニアン海運会社が、イスラエルの大富豪エアフ