Skip to main content

Maersk signals way forward on ITF agreements on charters

ニュース 記者発表資料 11 Apr 2016

Maersk will now change their charter party agreements to include a requirement that the charter vessel owners must document that the vessel is covered by an ITF agreement or similar.

Maersk Group vessels (owned or chartered) total around 500 ships.

ITF maritime coordinator Jacqueline Smith applauded the company’s pledge. “This is welcome news,” she said. “It shows that Maersk Group is reaching for high standards and behaving in a responsible and praiseworthy manner.”

She continued: “This closes a circle that has been kept open by, in some cases, vessel providers who have told Maersk they have agreements on board when we know they haven’t.”

The good news from the company was announced at a meeting of the ITF Maersk network (which is made up of seafarers’ and dockers’ unions with members based on vessels or in ports operated directly or indirectly by the Maersk Group) in Copenhagen, Denmark.

That meeting reflected the ITF Maersk network’s commitment to positive engagement with the company, and included attendance at the company’s AGM. (See http://goo.gl/DixkFO for more details)

Jacqueline Smith concluded: “It’s in everyone’s interests for Maersk and the ITF to have a positive relationship. Many of the transport workers represented by our unions work for Maersk directly or via subsidiary companies and we are committed to making sure they have decent terms and conditions. As a key industry player we think Maersk wants that too, which is why good faith open dialogue is the only thing that makes sense moving forward.” 

Post new comment

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.

現場の声

ニュース 08 May 2024

労災の犠牲者を追悼し、今を生きる労働者のために闘う

 毎年 4 月 28 日に世界中で記念される「労働者追悼の日」(または「労災犠牲者追悼記念日」)は、労災で死亡、負傷、または体調不良となった労働者を追悼し、行動を起こす世界的な記念日である。  最近、アプリを利用したデリバリーのライダー(配達員)が増加しているが、彼らの中には休憩を与えられず、危険な天候の中で働かされている者もいる。先週スペインで 1 人のライダーが死亡したが
ニュース 08 May 2024

トルコの港湾労働者は我々の支援を必要としている

トルコのブルサ近郊のボルサン港で働く港湾労働者が、港湾所有者のボルサン・ロジスティクスから、自らが選んだ組合に加入したことを理由に攻撃されている。 港湾労働者の 70 %以上が、 3 月に ITF 加盟組合のリマン・イシュ労組に加入した。 すると、ボルサン港の経営陣は、組合に加入したことを理由に港湾労働者 6 人を解雇した。 これに対し、組合は港で 4 日間の抗議行動を実施し、港湾を閉鎖した。
ニュース 07 May 2024

ITFとウーバーが配達員のためのグローバル安全憲章を制定

2024年4月25日配信 新たな合意の下で社会的対話を継続する ITF とウーバーが配達員のための安全憲章を制定した。 これにより、ウーバーは世界 1 万1千以上の都市の何百万人もの配達員の安全衛生の拡充にコミットする。 また、 ITF とウーバーは世界中のドライバー・配達員の労働条件向上に関する社会的対話を継続するために、両者の覚書を更新した。 これは、2年以上にわたる両者の協力により