Skip to main content

ITF船員エキスポ:2023年6月23-25日 – 参加登録開始

ニュース 13 Jun 2023

今月末にフィリピンの首都マニラで開催される「ITF船員エキスポ」の参加登録が本日から始まった。

世界の船員の声を代弁してきたITFの長い歴史の中で、この大規模な海事イベントが開催されるのは今回が2度目となる。

このエキスポは、船員の権利、ITFとその加盟船員組合が、世界の船員を支援する上で重要な役割を担っていることを船員に伝えることを目的としている。

エキスポは、船員とその家族にとって、無料で楽しく参加できる、学びの多いイベントであり、3日間で約5,000人が会場を訪れるだろう。

参加者は、ゲーム、景品、賞品、食事をともに楽しむことができる。

また、バスケットボールや歌やダンスのパフォーマンスなどでタレント性を競う「タレントクエスト」など、船員を楽しませ、船員が自らの権利について学び、権利を守ることを奨励する活動も準備されている。

このイベントは家族で楽しめるものだが、船員に積極的に情報を提供し、教育することに明確な焦点が当てられている。参加には有効な船員手帳番号(フィリピン人船員の場合はSIRB/SRB)が必要となる。

このエキスポでは、変化する海事産業について船員が学び、収入を得る機会を紹介し、国際的な専門家が指導やワークショップを行い、船内で幸福かつ健康に過ごすための教育を行う。

また、船員は、必要な時に船員とその家族を支援するために利用できる国内外の主要な福祉支援組織についても知ることができる。ITF船員トラストは、このエキスポに参加する慈善団体や福祉団体の1つだ。

3日間にわたるエキスポは、IMO公式の「船員の日」である625()に行われる、船員を讃える祝賀イベントでクライマックスを迎える。

国際運輸労連(ITF)は、地元のITF加盟組合、AMOSUPAPSUPWUPから大きな支援を受けてこのイベントを主催する。喜ばしいことに、ITF加盟船員組合のJSU(日本)、NSU(ノルウェー)、Ver.di(ドイツ)も参加する予定だ。

フィリピン人だけでなく、全ての国籍の船員が参加できる。

登録はこちらからwww.itfseafarers.org/expo 

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり