Skip to main content

ILO総会、公正な移行面での緊急行動を要請

ニュース 記者発表資料 28 Jun 2023

2023621日、ジュネーブおよびボン - 国際運輸労連(ITF)は、ILO総会(ILC) 公正な移行に関する決議が採択されたことを歓迎している。

 

政労使合意したこの新たな決議は、11月にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるCOP28において、国連気候変動交渉に参加する各国政府に対し、公正な移行・活動計画を前進させることを約束させる意味で、更に大きな圧力となる。

しかし、ILO総会と同時期にボンで開催された国連気候変動交渉では、「公正な移行」活動プログラムの実施について決意を引き出す面では大きな進展は見られなかった。ボンでは各国政府は、COP28で合意に達することができるよう、労働者や労働組合との交渉を継続しなければならないことを通告された。

2023616日に採択されたILC決議は、公正な移行に関する行動の緊急の必要性を強調し、以下の10の重要な要素を含んでいる:

 

  • 政労使を代表する国連機関としての国際労働機関(ILO)が、国連気候変動協議において公正な移行を推進する上で指導的役割を果たすこと。
  • 効果的な社会対話、労働における基本的原則と権利の尊重、国際労働基準に従う公正な移行。
  • すべての国、すべての部門、そして公式・非公式経済のための公正な移行。
  • 公正な移行を促進する産業政策および/または分野別政策、ならびに持続可能なインフラと質の高い公共サービスへの投資。 
  • 公正な移行とディーセントワークに貢献する、包摂的で持続可能な貿易と投資の枠組み、バリューチェーン、サプライチェーン。
  • 完全かつ生産的で、自由に選択できる雇用とディーセントワークを中核目標とし、包括的な社会保護制度を導入すること。
  • 青年、女性、社会的弱者に十分配慮した、強力なジェンダーの側面と、すべての労働者を保護するための措置。
  • 先住民および部族民を含む、気候変動の影響を受ける地域社会と協議し、先住民および部族民との対話のための ILOメカニズムを確立し、知識を得て、公正な移行のためのロードマップを策定する。
  • 気候関連のリスクや異常気象の影響を受けるすべての労働者のために、職業安全衛生対策を緊急に実施する。
  • 公共および民間の資金の流れと公共調達を、公正な移行目標に整合させる。

 

ILOの「公正な移行のための2015年ガイドライン」が、政策立案者のための中心的な参考資料として承認された。ILOはまた、公正な移行の実施を加速するよう求めた。

ITFのスティーブ・コットン書記長は、「ILOにおいて、各国政府、使用者、労働者は、公正な移行の実施に関する重要な指標を示した」と述べた。「気候変動の危険から労働者とその地域社会を守る緊急性は、ILCによって認識されており、有意義な気候変動対策を推進するために、労働者の声が力強く反映されることの重要性も認識されている」

これは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)について交渉している各国政府が従うべきモデルである。

「労働力の公正な移行を実現するためには、公正な移行・活動計画の策定が必要だ。COP28では、活動計画の実施に向けた具体的な詳細について話し合うべきであり、公正な移行とは何かを議論したり、これまでの議論を逆行させたりするべきではない。特に、活動計画がすべての国のすべてのセクターの労働力の公正な移行を包括し、それを公正な移行に関するILOの枠組みと関連させることに合意する必要がある。労働者やその他の主要な利害関係者との協議が組み込まれなければならない」とコットン書記長は述べた。

交通運輸労組は、UAEで開催されるCOP28に先立ち、持続可能な交通運輸への投資、公正な移行、排出削減に関する要求を政府や使用者に行う予定だ。

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり