Skip to main content

ライアンエアーの客室乗組員を支持する画期的な判決

17 Jun 2019
ベルギーの裁判所が、ライアンエアーの客室乗務員は国内法の適用を受けるとの判決を下した。この判決は、欧州の航空業界に幅広い影響を及ぼすことになろう。

 アイルランドのローコストキャリア(LCC)、ライアンエアーは、人件費を最小限に抑えるために、欧州の客室乗務員をアイルランドまたは英国の契約で採用している。2011年、ベルギーを拠点としていたライアンエアー元客室乗務員が、ベルギーの国内法に基づいて雇用されるべきだったとして、ベルギーの裁判所でライアンエアーを提訴した。

 2017年9月、判断を委ねられた欧州司法裁判所は、ライアンエアーの客室乗務員は勤務地の裁判所で雇用主を提訴する権利があると認めた。この判決は、ライアンエアーの搾取的なビジネスモデルと闘う労働者にとって決定的な追い風となり、ライアンエアーが同年12月に初めて組合認知に合意したきっかけともなった。

 6月14日の判決では、客室乗務員は雇用主の国籍やフライトスケジュールにかかわらず、主な拠点国の労働基準が適用されるべきであることが再確認された。拠点国の裁判所への提訴は、ライアンエアーの客室乗務員が国内の他の労働者が享受する公正な処遇(賃金レベルや社会保障制度を含む)から除外されないようにするために不可欠である。

 ITFと欧州運輸労連(ETF)は、ライアネアーのビジネスモデルを一掃するための国際的なキャンペーンを実施し、ライアンエアーの全従業員に労働組合権と公正な賃金・労働条件を確保するよう要求している。ベルギーベースの客室乗務員とITF加盟CNE / LBCの勝利を祝福するとともに、ライアンエアーが全ての国でこの判決を尊重することを期待する。

 

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <a href hreflang> <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.
  • Web page addresses and email addresses turn into links automatically.