Skip to main content

ガルーダインドネシア航空は組合つぶしを止めろ

29 Aug 2019
記者発表資料
ITFは、ガルーダインドネシア航空に対して、正当な労働組合に対する攻撃を止め、交渉のテーブルに着くよう要求した。

 ガルーダは長年、反労組の姿勢を取ってきた。その最新の事例として、先週、ガルーダ経営はチェックオフ制度を一方的に中止した。これは、労使関係の国際的基準に反し、ITF加盟ガルーダインドネシア航空客室乗務員組合(IKAGI)の存続を脅かすものである。

 ガルーダ経営は、インドネシア国内法に反し、IKAGIを団体交渉から締め出している。代わりに、ホワイトカラーの社員や管理職を主に組織する組合グループを優遇している。チェックオフ制度の一方的中止は、ガルーダインドネシア航空で結社の自由が脅かされていることを明確に示している。

 ITFのガブリエル・モチョ・ロドリゲス民間航空部長は、ガルーダのイ・グスティ・ングラ・アスカラ・ダナディプトラガルーダCEOに書簡を送り、組合つぶしを止め、IKAGIや他の独立的な組合との交渉を行うよう要求し、要求に応じない場合は、合法的な国際行動を強化する旨、警告した。

 「ガルーダの行動に正当性はない。ITFやITF加盟組織の再三の警告にもかかわらず、偏った組合編成を支持する戦略を取り続けている。ガルーダは公正な行動を取り、IKAGIのような独立的な組合に適切に関与すべきだ」とロドリゲス部長は語った。

新しいコメントを投稿する

Restricted HTML

  • Allowed HTML tags: <em> <strong> <cite> <blockquote cite> <code> <ul type> <ol start type> <li> <dl> <dt> <dd> <h2 id> <h3 id> <h4 id> <h5 id> <h6 id>
  • Lines and paragraphs break automatically.