Skip to main content

「キューバから手を引け」ITFが経済制裁の解除を要求

ニュース 23 Jul 2021

 キューバの抗議デモは、キューバに対する不当かつ懲罰的な経済制裁が労働者に負担を強いていることを浮き彫りにした。

 ITFは本日、1962年から約60年間、キューバ全国の労働者を苦しめ続けてきた経済制裁を全面的に解除するよう訴えた。経済制裁による同国の損害は1,300億ドルに達する(ECLAC2018年)。

 長期間に及ぶ経済制裁の影響はキューバ国民の肩に重くのしかかっており、その状況はコロナ禍で一層悪化している。

 キューバの交通運輸労働者、キューバ労働者中央組織、その他全ての労働者は、世紀に一度のこの危機において、交通運輸、経済、社会、コミュニティを動かし続けるために、不当な経済制裁に耐えながら、たゆまぬ努力をしている。

 ITFのパディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。「キューバでは、ここ数か月間に新型コロナウイルスの感染が拡大し、ワクチンや注射器等の基本的な医薬品の不足が大きな課題となっている。輸入が禁止されているワクチンや治療薬の国内開発がキューバ経済に影響を及ぼしているほか、ワクチンの公平配分を求めるグローバルな闘いにも悲惨な結果をもたらしている」

 「経済制裁を解除し、キューバの労働者を苦しめている経済・政治・社会・衛生上の危機を解決するために、国、地域、国際レベルの和解と協力を呼びかける」

 ITFは、基本的権利である集会、結社、平和的抗議活動の自由を全面的に支持している。

 ITFのエドガー・ディアス中南米・カリブ海地域部長は次のように語った。「ITFと世界の交通運輸労働者2,000万人はキューバの労働組合運動を支持し、「キューバから手を引け」と訴えている。経済制裁を解除し、キューバの労働者に自身の将来を決めさせるべきだ」

 ITFは、2014年にソフィアで開催された第43回世界大会で、キューバとの協力・関与を促進し、キューバに対する経済制裁の解除を追求することを確認した。キューバ国民の主権や、外部からの干渉を受けずに自分たちの運命を決定する権利を認識する決議も採択された。

現場の声

ニュース 28 May 2024

ガボンとエスワティニがFOCに

国際運輸労連 (ITF) は便宜置籍国( FOC )のリストに新たに 2 カ国を加えた。  新たに加わったガボンとエスワティニは、いわゆる「ダークフリート」と深く関係しているとみられている。  一方、トンガは 76 年前から続いている FOC リストから削除され、 FOC の総数は 43 となった。   ITF の パディ・クラムリン会長は次のようにコメントした。
ニュース 27 May 2024

反労働者の法律をゼネストで拒否

 2024 年 5 月 9 日、アルゼンチン労働総同盟( CGT )とアルゼンチン中央労働組合( CTA )の交通運輸労組は、反労働者の法律に抗議するためにゼネストに加わった。  右派のハビエル・ミレイ大統領は賃金・労働条件の規制緩和を目的に 366 本の法律を改正し、必要緊急法令( DNU )を通じてアルゼンチン航空などの公営企業の民営化を進めようとしている。  交通運輸労組は DNU
ニュース 27 May 2024

平等の後退:公共交通の女性の仕事と自動化

 ITF は、公共交通部門の自動化やデジタル化による人員削減や業務再編の影響がいかに女性労働者に及んでいるかに関する調査 報告書 を発表した。  新技術は、新たな仕事の機会をもたらすなど、女性労働者に利益をもたらす可能性もある。しかし、切符販売や案内業務に従事する女性は、それらの仕事が廃止されるリスクにさらされるため、自動化の影響を大きく受けることとなる。  この報告書では