Skip to main content

p&o

ニュース 記者発表資料 16 May 2022

P&Oフェリーの解雇:労働組合の抗議で労働者の保護法を実施できずにいる英国政府を国連が調査するよう要請

多くの組合と国際産別組織( GUFs )が国際労働機関( ILO —国連機関)に書簡を送り、 P&O フェリーに違法に解雇され、同社から残忍な処遇を受けた 800 人の船員を代表し、早急に介入するよう求めている。 組合は、 P&O フェリーが協議なく船員を違法に解雇したことを受け、英国政府が関連する労働法と懲罰的制裁を実施せずにいる事態は、結社の自由と団体交渉に関する ILO
ニュース 記者発表資料 31 Mar 2022

世界の交通運輸労働者10,000人がP&Oの船員の即時復職を要求

2022 年3月 29 日 ロンドン / ブリュッセル  ITF は 29 日、 P&O フェリーを所有する DP ワールドの経営陣に「 グローバル抗議文 」を手渡し、 P&O の船員 800 人の不当解雇とアウトソーシングに対する、約 200 の ITF 加盟組合の交通運輸労働者 10,000 人の怒りを表明した。  ドバイへ向かった国際産別組織の代表団を率いた ITF のスティーブ
ニュース 記者発表資料 22 Mar 2022

P&Oフェリーズによる解雇は、DPワールドが労働者の権利と自社の基準を尊重していない証拠

DP ワールドは、労働権と労働者を、「持続可能性と人間、地域社会、ビジネスの環境への影響を優先的に考慮する責任ある方法で」支援し、企業の社会的責任に配慮する進歩的な企業として自社を売り込んでいる。同社は今、子会社の P&O フェリーズが 800 人の船員を冷徹に解雇したことを受け、大きな疑問を提起されている。 3 月 17 日、 P&O フェリーズは、事前に録画された映像を Zoom 会議で流した
ニュース 記者発表資料 22 Mar 2022

ITFとETF、P&Oの大量解雇とアウトソーシングを糾弾

全世界と欧州の海事関係組合は、フェリー会社の P&O フェリーズが英国に在住する船員を解雇し、未組織の派遣労働者に仕事を外注する計画だとのニュース速報を受け、怒りと非難を表明している。 国際運輸労連( ITF )と欧州運輸労連( ETF )の加盟組合は、 P&O フェリーズが先ほど「会社の発表に備えて」サービスを一時停止したと知らされた。午後までには、自社の船舶で働く 800