Skip to main content

global unions

ニュース 15 Sep 2022

航空産業のための国家機関を新設しなければ、旅行の混乱は常態化すると世界の組合が警告

航空労組は、航空業界のしっかりした運営基準と持続可能な雇用慣行を監督する新たな国家機関の設置を要求している。 ITF の新規のアンケート調査によると、会社に尊重されている感じている航空労働者はわずか 23 %で、仕事の質が低下していると考えている航空労働者は 89 %に達する。 「航空のニューディール政策」 は、脱炭素化、デジタル化、持続可能な財源に関する行動を求めている。 2022 年 9 月
ニュース 26 May 2022

ウクライナ戦争が続く中、支援のニーズも続く

 ウクライナ戦争が続く中、世界中の組合が、ウクライナの仲間たちを支援するために設置された連帯基金に協力している。  国際運輸労連( ITF )と欧州運輸労連( ETF )はウクライナ加盟組合を支援する連帯基金を合同で設置した。  ITF のパディ・クラムリン会長は基金への協力を次のように呼びかけた。「ウクライナの組合活動家は自国を 守る意欲は十分持ち合わせている。しかし、資金は不足している
ニュース 18 May 2022

グローバルユニオンがベルラーシの組合活動家の即時解放を要求

グローバルユニオン評議会( CGU) の声明  2022 年4月 19 日、ベルラーシ民主労働組合会議( BKDP )の指導者や活動家 20 人以上がベルラーシ国家保安委員会に拘束された。その後解放された者もいるが、アレキサンダー・ヤロシュク BKDP 議長( ITUC 副会長、 ILO 理事)およびセルゲイ・アンツセビッチ BKDP 副議長を含む 10 人以上が未だに拘束されている
ニュース 18 May 2022

パレスチナ人ジャーナリスト、シリーン・アブアークレ氏殺害 法の裁きを求めるグローバルユニオン

グローバルユニオンの共同声明  中東・北アフリカ地域および世界の労働組合運動は、二十年以上にわたりアルジャジーラテレビ局で働いていたパレスチナ人ジャーナリストのシリーン・アブアークレ氏の悲報を受け、悲しみに包まれている。アブアークレ氏は 5 月 11 日にイスラエル兵に射殺された。イスラエルが占領するヨルダン川西岸地区のジェニン市でイスラエル軍の襲撃作戦について取材中の出来事だった。