Skip to main content

フランスとスペインの企業のEU漁業協定不履行がアフリカ全域でマグロ漁船のストラを誘発

ニュース 16 Jun 2023

EUの持続可能な漁業パートナーシップ協定の下、ギニア湾とインド洋で操業する、スペインおよびフランス所有のマグロ漁船のセネガル人とコートジボワール人の漁船員が先週、ストを行い、フリートの8割に相当する約64隻に影響を及ぼした。

 セネガルの漁船員組合UDTSヨロ・ケイン書記長は次のように語った。

 「欧州委員会とグローバル・サウスの多くの国々との間で締結されているこれらの協定は、マグロ漁の認可を受けたフランスおよびスペインの企業に巨額の利益をもたらしている。

 これらの協定は現地で雇用される漁船員にILO最低賃金(現行は月額658ドル)を保障することを定めている。しかし、実際は、この三分の一しか支払われていない者もいる。

 この他にも多くの不満があることから、主要労働供給国のセネガルとコートジボワールの組合は、フランスとスペインの使用者に協議を求める運動を展開してきた。

 しかし、使用者側は誠意ある対応をしてこなかった。そこで、我々の真剣度を示すために、1カ月前にストを通告したものの、国際協定に基づく解決には至らなかった。

 そして先週、ストが決行された。ストは、セネガルおよびコートジボワールの当局の仲介による協議に基づき、現在は中断されている。使用者側とのさらなる協議が行われる予定だ。

 

 

持続可能な漁業パートナーシップ協定で明確に保障されているのを得るために、なぜこのような闘争を行わなければならないのか?EU委員会と現地当局はこの問いに答える必要がある。

 ITF水産部会のジョニー・ハンセン議長は次の通りコメントした。

 「このセネガルとコートジボワールの漁船員の闘いは、国際労働組合運動の共感を得ています。欧州委員会が交渉した非常に有利な漁業協定の恩恵を受けている高収益企業と政府当局が、有能船員のILO最低月額賃金の明確な規定を無視できると考えているとは信じがたい。

 特に、セイシェルでストを起こした漁船員が当局に拘束されたことを特に懸念している。(その後、解放されたが。)平和的に労働から撤退する権利は基本的人権であり、当局はこれを尊重すべきだ。

 「漁船員と彼らの組合は欧州の労働組合運動の支援を期待してよい。我々がフランスとスペインの使用者、欧州委員会、スーパーの棚に商品を届ける欧州のサプライチェーンの関係企業に対してて、問題を提起する。

 

 「漁船員も賃金・労働条件を規定する包括的団体協約が適用される商船の船員と同等に扱われるべきであるとITFは考える。最低でもILO最低基本賃金の658ドル、既存の国内協約で特段の合意がない限り、ITF総額最低賃金1156ドル(2023年)あるいは旗国の最低賃金のいずれか高い方が適用されるべきだ」

 

ITFについて:国際運輸労連(ITF)は民主的で加盟組合主導の、世界で最も権威ある交通運輸労働者の組織です。147カ国の組合と連携しながら、労働者の生活向上のために闘い、組合員の権利、平等、正義の実現を目指します。ITFは世界中の交通運輸産業で働く男女2千万人の声を代弁しています。

現場の声

ニュース 記者発表資料 15 Feb 2024

ILAの職域闘争勝利を祝う

 北米東岸港湾の労働組合である国際港湾労働者協会( ILA )が、ニューロンドン(米コネティカット州)のオーステッド社洋上風力発電事業をめぐる職域闘争で勝利したことを歓迎する。  ITF のパディ・クラムリン会長は次のように語った。 「これは ILA 、 ILA 第 1411 支部、そして ILA 組合員全員にとっての記念すべき勝利だ」「揺るぎない連帯と戦略的行動に支えられた 8 カ月間の闘争は
ニュース 14 Feb 2024

インドネシアで違法解雇された空港労働者が勝利

Gebuk 労組は、航空ケータリング会社アエロフード・ケータリング・サービス・インドネシアにコロナ禍で違法解雇された労働者に補償金を支払うことを約束させ、組合員のために大きな勝利を確保した。 ITF 加盟のインドネシア空港労連( FSPBI )に加盟 する Gebuk 労組は、ジャカルタ空港で働く航空ケータリング業務委託企業の労働者組合だ。 同労組は 2 月 6 日に大規模デモを行ない
ニュース 13 Feb 2024

ITF会長の2024年に向けたメッセージ

ITF に加盟する交通運輸労組の皆様 2024 年:ますます機能不全に陥りつつある世界で、私たちが直面する課題は解決しないまま、また新たな年が明けました。私たちは、使用者に職場で説明責任を果たさせること、安全を構築すること、環境の持続可能性を構築すること、付加価値を高め、価値を奪うことのないサプライチェーンを構築すること、労働者から賃金を奪ったり